What's YOnoBI News Design Competition For Manufacturers Catalog Contact


「YOnoBIデザインコンペ2004」は、2003年12月に募集を開始し、翌年3月末に締め切り、審査が行われました。厳正な審査のうえ5点の優秀デザインが選ばれ、YOnoBIがその試作品を製作。東京ビッグサイトで開催された見本市「インテリア ライフスタイル」 (2004年6月23〜25日)で発表され、そのうち3点がドイツ・フランクフルトの「アンビエンテ」(2005年2月11〜15日)にて展示発表されました。


2004年4月上旬に、伝統工芸メーカー・組合を含めた審査員による「YOnoBIデザインコンペ2004」の審査会が行われました。第一次審査では、応募デザイン全点を対象に加点減点方式の審査を行いました。次の最終審査では、第一次審査の集計をもとにディスカッション方式の審査会が開かれ、受賞者5名が選ばれました。応募者氏名などの一切の個人情報を伏せての公平な審査が行われ、最終審査においては、一次の集計による高得点者のみを選出するのではく、各審査員の視点・意見に重きをおいて議論がされました。今回の応募においては、群を抜く完成度の高いデザインはなく、選考は僅差で難しいものとなりました。「商品化を前提とする」というこのコンペの主旨を踏まえ、応募デザインを原案と捉えて、そこに表現されていない様々な可能性を感じるデザインであること。デザイン性だけを評価基準とせず、コンセプトや商品化などアイデアレベルでの魅力を感じるものであること。といった内容が大きな選考のポイントとなりました。

 
伊藤洋行 フラワーベース「無題」
新・越前屋(福井・越前焼)とのコラボレーション
●応募デザイン ●試作プロトタイプ
尾崎桃子 スタッキングユニット「KATACHI」
新・越前屋(福井・越前漆器)とのコラボレーション
●応募デザイン ●試作プロトタイプ
カティア ヘトラー&ユーラ トュルマン ショルダーバッグ「LAPTOP BAG」
水田株式会社(新潟・小千谷縮) とのコラボレーション
●応募デザイン ●試作プロトタイプ
武井博義 照明器具「peel」
水田株式会社(新潟・小千谷縮)とのコラボレーション
●応募デザイン ●試作プロトタイプ
原嶋亮輔 照明器具「月」
新・越前屋(福井・越前漆器)とのコラボレーション
●応募デザイン ●試作プロトタイプ

 
渋谷城太郎 プレート「gravity」
染の里 二葉苑(東京・江戸小紋)とのコラボレーション
●試作プロトタイプ
橋本夕起夫 置時計「Dancing on the water」
株式会社木曾アルテック社(岐阜・木曾漆器)とのコラボレーション
●試作プロトタイプ
文田昭仁 アロマポット「pebble」
長谷川陶磁器工房(波佐見焼)
●試作プロトタイプ